about

龍馬が生まれた町「上町」にて大正八年から今に至るまで
昔からの味噌づくりの伝統「天然醸造」という製法を大切に守り続け大事に味噌をつくっております。
そこには当時から変わらない「醗酵へのこだわり」があります。

冨士味噌は「生きた味噌」をお届けする努力を一世紀ちかく続けてきました。それは現在も大切に守り抜かれ、自分の子どもを育てるよう日々、愛情と情熱と魂を注いで生きた味噌を育んでおります。
「冨士味噌の味噌は生きております。」
ですので味噌が噴出してくる事もありますが、その時は元気な味噌だねぇと思って頂けたら幸いです。

味噌屋の仕事は、この日本の発酵文化を継承し、発展させ、人々に伝え続けていく事だと、わたしは思っております。
そして、これからも丁寧に味噌をつくっていきます。
精進致します。 「発酵は天才です!」

平成二十五年 神無月 冨士味噌 四代目 宇田卓生